2018年11月9日、日本の三菱UFJ銀行と子会社であるBancoMUFGBrasil(ブラジル)がブラデスコ銀行との新たな国際送金の開発に関する協力を目的とした覚書の締結を次のような発表をしました。

およびその全額出資子会社である MUFG バンク(ブラジル)は、今般、ブラジルの総合金融グループであるBancoBradescoS.A.(以下、ブラデスコ銀行)との間で、日本・ブラジル間における「新たな国際送金の開発」に関する協力を目的とした覚書を締結いたしました。

引用:日本経済新聞「三菱UFJ銀行、ブラジルのブラデスコ銀行と新たな国際送金の開発に関する協力で覚書締結

新たな国際送金の開発とは?
「新たな国際送金の開発」とは、Ripple社が提供する技術を活用した日本-ブラジル間における国際送金の共同研究のことを指します。

ブラデスコ銀行と三菱UFJ銀行の関係性は?

ブラデスコ銀行は南米を代表する大手金融グループであり、ブラジルの四大銀行の1つだといわれています。

ブラデスコ銀行と三菱UFJ銀行の関係は1973年に三菱UFJ銀行(当時は三和銀行)がブラデスコ銀行に出資したことから始まり、40年以上にわたって強固な提携関係を築いています。

また、ブラデスコ銀行と三菱UFJ銀行は2017年9月にFinTech分野における協力を目的とした覚書を締結しており、今回の「Ripple社の技術を活用した国際送金の開発」はFinTech分野の一環として行われるものです。

そして今回の発表により、今後は両銀行の共同開発により「高速かつ透明性・追跡性に優れた国際送金の実用化及び商用化へむけた検討」を前進させると明言しました。

ブラデスコ銀行と三菱UFJ銀行がRipple社の送金技術を利用する理由は

Ripple社も、ブラデスコ銀行と三菱UFJ銀行の発表を自社のTwitterにて発表しました。

Twitter日本語訳
ブラデスコ銀行と三菱UFJ銀行は、Rippleのブロックチェーン技術を活用して、日本-ブラジル間の新たな決済サービスを作成している。

Ripple社が開発した送金ソフトウェアは、インターネット通信プロトコルを採用し、決済実行の前後で銀行間のメッセージング機能や即時決済・着金を実現することができます。

しかし、従来の国際送金システムとして採用されていたのはSWIFTという規格です。

ただSWIFTは以下のような問題点があり、トラブルが相次いでいました。

  • お金の流れが不透明である
  • 様々な銀行を経由するため手数料が高い
  • 決済・着金の反映スピードが遅い

SWIFTの問題点などについて詳しくは下記をご覧下さい。

>>>SWIFTとは?Rippleの国際送金との違いや仕組み・問題点を徹底解説!

Ripple社が開発した国際送金ソフトウェアはSWIFTが抱えるすべての問題点を網羅(もうら)的に解決しており、10月~の2ヵ月ほどでRippleネットワーク(※)への参加社は200以上に増加しました。

※Rippleネットワークとは

Rippleネットワークとは、Rippleが開発した国際送金システムを導入している企業集団のことです。

日本からは、SBIやみずほ銀行など多くの大手銀行が参加しています。

SWIFTは1970年代頃にできたシステムですが、性能ではRippleソフトウェアに勝てません。

しかし、SWIFTにもRipple社より優れている点もあります。

優れている点は、SWIFTは世界に1万1,000社以上の提携企業があり為、規模間を比較するとSWIFTに軍配が上がります。

さらにSWIFTは先日、世界的大手IT企業のMicrosoftと提携しSWIFTのアップグレードを図る計画を明らかにしました。

>>>SWIFTとマイクロソフト社が提携!国際送金に便利なリップル(XRP)との違いは?

SWIFTとRipple社を比べると規模間ではSWIFTが軍配が上がっていますが、ブラデスコ銀行と三菱UFJ銀行がRipple社を採用した理由は、やはり将来的なことを考えてのことでしょう。

Ripple社の勢いが止まらない!?

現在(2018年11月13日)では、Ripple社の勢いはとどまるところを知りません。

理由は、様々な企業がRippleを採用し、さらに様々な取引所がXRPを評価しているからです。

SBIRippleAsiaもRipple社を高評価し、採用した企業の1つです。

>>>SBIRippleAsiaが10月4日に送金アプリMoneyTapの提供を開始!

またSBI北尾社長は、ここ数年Ripple社と訴訟問題で対立していたR-3社とともに、SBIRippleAsiaに続くSBI-R3アジアを作ろうという構想も打ち立てています。

>>>SBI-R3アジアの創設に北尾社長が決算説明会で発表!

ブロックチェーンや仮想通貨リップル(XRP)の社会実装が続く中、どこまでRipple社勢いを保つことができるのか、今後もリップルの動きから目が離せません。

【参考文献】

三菱UFJ銀行やリップルに関する関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事