アルトコイン関連検索数がバブル期を上回る

アメリカの仮想通貨市場において、投資家の関心が2017年末のバブル期来の高水準に達していることがわかりました。

上記画像は、アメリカ国内における”アルトコイン”に関連するトピック検索数の推移です。(Googleトレンド参照)

画像を見ればわかる通り、2019年3月現在の検索数は2017年末の仮想通貨バブル期の検索数を超えており、アメリカ投資家の関心が急激に高まっていることがわかります。

Googleトレンドの調査概要

Googleトレンドは特定のクエリやトピックの検索数などを、グラフを用いて視覚的に確認できるサービスです。

同サービスは仮想通貨に限らず、特定の分野における投資家・ユーザーの関心度を計り比較するための指標としても頻繁に用いられています。

クエリとトピックの違い

検索クエリは単体のキーワードの検索数を計測したものです。(「仮想通貨」や「ビットコイン」や「リップル」など)

トピックとは、関連する複数の単体キーワードの検索数を統合し計測したもので、検索クエリとは性質が異なります。

例:検索トピック(「Altcoins」)を計測した先ほどの画像では急激な検索数の増加確認できましたが、単体キーワード「Altcoin」における検索数は微増という結果にとどまっています。

 

また、アメリカ(英語)で「仮想通貨」を意味する「Crypto Currency」の検索数はいまだに低水準を維持しています。

 

日本における「仮想通貨」の検索数もアメリカ同様、単体キーワード、トピックともに低い水準を維持しています。

単体キーワードの画像

トピックの画像はこちら

仮想通貨メディアとして著名なCoinPostも、今回のアメリカにおける検索数増加を”現相場からは考えられない異常値”と報じています。

CoinPostの報道も含め、日本の投資家・ユーザーの関心度が上向いていない点を鑑みると、アメリカ国内で何らかのイベントがおこり、その影響で「アルトコイン」に関連する検索数が急激に増加したものと考えられます。

仮想通貨普及の可能性

アメリカにおいて「アルトコイン」に関連する検索数が急激に増加した要因として考えられる事例を2つご紹介します。

仮想通貨が初のハリウッド映画に!

仮想通貨をテーマとしたハリウッド映画が誕生しました。

作品名は日本語で”通貨”を意味する「Crypto」で、仮想通貨をテーマとしたハリウッド映画は今回が初です。

[su_youtube url="https://youtu.be/kYZut3DWvek"]

~あらすじ~
アメリカの名門大学を卒業後、米ウォール街の大企業に入社した主人公マーティンは、とある理由でニューヨーク州郊外にある地元に転勤させられてしまう。

新しい勤務先で仮想通貨ビットコインの調査を行う最中、ロシアの犯罪集団が、企業を利用して資金洗浄(マネーロンダリング)を行なっていた”衝撃の事実”が発覚する。マーティンの運命はいかに。

公開予定日はアメリカ時間の4月12日で、日本での公開予定日は未定であるため、アメリカのキーワード・クエリ検索数に大きな影響を与えた可能性も十分に考えられます。

 

リップル社がブロックチェーンゲーム「Forte」と共同で100億円を調達

アメリカ・サンフランシスコのリップル社は3月13日、同社のVC部門であるXpring(スプリング)と「Forte」が、共同で1億ドル(約111億円)の資金調達に成功したことを明らかにしました。

Forteはゲーム業界におけるブロックチェーン技術の普及を目標とする、ブロックチェーンゲームを提供するプラットフォームです。

これを報道したメディア「CISION」によると、今回、Xpringと共同で調達した資金1億ドルはゲーム開発者を支援するために使用されるということです。

 

また、リップル社に勤務する日本人 Emi Yoshikawa氏は自身のツイッターを更新し、次のように言及しました。

そして、同じくリップル社・Xpringのシニアバイスプレジデントを務めるEthan Beard氏は次のようにコメントしています。

 私たちは、ゲーム業界のベテランチームと提携できることにとても興奮している。

Forteとリップル社は「ブロックチェーンがゲーム業界に大きな影響を与え、より使いやすいツールを提供する」という共通の信念を持っています。

【参考文献】

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事