アマゾンで買いたい商品に仮想通貨がランクイン

大手通販サイトのAmazon(アマゾン)。

日本人でもお世話になっている人は多いかと思います。

金融情報サイトのInvesting.comが行った調査で、アマゾンブランドで買いたい商品についてのアンケートを実施したところ、仮想通貨を買いたいという声があがったとのこと。

アマゾンブランドの仮想通貨という声はどのような商品と肩を並べているのか、アンケートについて見ていきましょう。

アマゾンのアンケート結果について

Investing.comが行なったアンケートは、アマゾンユーザーの購買行動を調査するために行なったもので、1000人超のユーザーに調査を実施。

この調査の中では、アマゾンの利用回数、購入商品について、またアマゾンブランドで購入したいと思う商品について質問しています。

これらの質問の中で、アマゾンブランドでもし存在するとしたら購入したいと思う商品・サービスという質問への回答で12.7%のユーザーが仮想通貨と答えました。

1位:コンピュータ(72.9%)
2位:クーポンや割引券(51.7%)
3位:処方薬(36.7%)
4位:医療用マリファナ(29.5%)
5位:ペットケアサービス(22.9%)

トップ5は以上のようなラインナップとなっています。

以下の写真を見ても分かる通り、14位にランクインしているのがCryptocurrencies(仮想通貨)です。

仮想通貨Amazon

出典:Investing.com

上記の写真を見ても分かる通り、医療サービスや処方薬などの医療・健康に関するもの、クーポン・割引券などの生活利用するものと並んで仮想通貨が並んでいます。

これは将来的に仮想通貨が生活の一部となることを望んでいるユーザーの望みが感じ取れる結果となりました。

仮想通貨がもたらす未来については知りたい人は下記の記事をご覧下さい。

アマゾンと仮想通貨についてバイナンスCEOが発言

先日2月2日にはアマゾンと仮想通貨の関係について、世界最大手仮想通貨取引所バイナンスのジャオ・チャンポンCEO(通称CZ)が、アマゾンが将来、独自の通貨を発行するだろうとツイッター上で発言しています。

日本語
Amazonは遅かれ早かれ通貨を発行する必要があります。

世界でも最大手の部類に入る仮想通貨取引所バイナンスのCEOが発言したことで、少なからず世界に影響を与えているはず。

また、アマゾンが独自通貨を発行するという発言がでた大元のツイートでは次のように発言しています。

【日本語訳】

インターネット(非物理的)ベースのビジネスでは、なぜ誰もが暗号化を支払いに受け入れないのかわかりません。

従来のペイメントゲートウェイよりも、統合が簡単、迅速、そして安価です。

事務処理が少なくなります。そしてより多様な人口統計学および地理学に達する。

引用:COINTELEGRAPH

CZ氏がインターネットのビジネスで暗号化(仮想通貨)支払いが受け入れられていないことに疑問を感じている様子。

この発言に関しては2,000以上のいいねがつくなど、ツイッターユーザーでも支持者は多く見受けられます。

ビジネスに仮想通貨が受け入れられるようになれば、その価値は広まり、ユーザーからの要望もありアマゾンが仮想通貨発行や仮想通貨決済を導入すれば仮想通貨全体の活性化につながることは必至。

今後のアマゾンの動きに注目です。

CZ氏がアマゾンについて詳しく語った内容について、詳しくは下記をご覧下さい。

【参考文献】

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事