ICO割れ
ICO割れ

仮想通貨ADAコインの概要と基本情報について

ADAコイン(エイダコイン)は、カルダノ(Cardano)というプラットフォーム上で使用される通貨として誕生しました。

2016年頃からスタートし、元々はオンラインカジノゲームのプラットフォームとして開発が進められていて、それに伴いADAコインの歴史も始まりましたが、

現在はロードマップの発表や、より独自的で包括的なブロックチェーンによるプラットフォーム構築を目指して開発が進められているといわれています。

日本でも所有する人がおり、詐欺コインと批判を受けながらも上場後の急激な価格の上昇で一躍時の人となったことは記憶に新しいです。

仮想通貨ADAコインの取り扱い取引所について

現在、ADAコインは、Bittrex(米国)、Binance(中国)、UPbit(韓国)、Coinnest(韓国)の4つの取引所でそれぞれ取り扱われています。

仮想通貨ADAコインが上場した後は?

「今がピークであり寿命」これは今となって実際根強くいわれている説です。

事実ADAコインは、以前から詐欺コインと評される節が強く(詳細は寸評にて後述)所有者にとって懐疑的なコインの1つという見方が広くされていました。

ところが上場を果たすと同時に、その悪評からの知名度や前評判の低さからの「上場」というインパクト、ロードマップの発表やネットの書き込みや情報という第3局の幸運的な転機に恵まれ、

それに乗せられるように瞬く間にプレセール時の300倍の価格を記録という正に一度ついた勢いそのままにという形でチャートのホットワードに躍り出ました。

当時ICO案件たちの軒並みの失敗やそこに携わるユーザーの資産バーストで疲れ切っていた風潮の中で非常に輝かしく見えたが、現実はチャートに夢を見た一元的なユーザーの資金により跳ねたようにも見え、

プラットフォームに対する理解や長期的なコイン所有に対するイメージの普遍性には及ばず、典型的なマネーゲーム通貨としての位置づけは正直否めない。

確かに億り人を輩出するだけの勢いは十分に見せたように思えるが、この上昇こそがピークだったように思います。

仮想通貨ADAコインの価格が上がったのはなぜ?

とは言え価格が上昇し利益を得る人間が出たことは間違いない事実ですから、この部分も客観的に考えてみましょう。

まず第一に言えるのが「詐欺コイン」と揶揄されたり色々な情報が錯綜したりと下馬評の低さのわりに話題性はあったのは確かなADAコイン。

実際事前の流通量もそれなりにあったのではないでしょうか。

保有者達からすると「期待感」は膨らむ一方で「上場さえすれば・・・」という一種の強烈な市場心理も上場間もない後の認知へ一役買ったのではないでしょうか。

事実「無理だろう」と思われていた一般取引に漕ぎつけたことで市場心理の「ここにきてまさか」の感情に強く期待感を上乗せして作用し、「買い」への興味を走らせる要因になったのかと感じています。

そこにプラスしてロードマップの発表や「前向き」な要素の発表により、一種のお祭り騒ぎになったのではないかと推察しています。

仮想通貨ADAコインの安定性はどうか?

さてここにきて気になるのはやはり現在の寸評。

いわゆる通貨としての真骨頂であり本来の姿の部分の話です。

客観的に見た現在の寸評はズバリ価格の下落は避けられず、ピークを境にしばらくは下火になってくるのではないか、というのが率直な見解です。

2018年6月6日現在、日本円で23.85円、一部の話では2018年末までに150円~400円までの値上がりを見せるという意見も出ていますが、実際には懐疑的な部分も散見されます。

まず第一に同じ流れが再び起きることはよほどの「期待感」を煽るニュースが出ない限り難しく、万が一それがあったとしても「安定感」や「価格のベースアップ」に繋がる可能性は大方低く一過性の値上がりになり、

ユーザーたちの長期的かつ安定的な保有というテーマの達成には至らないと感じられるからです。

いわゆる「マネーゲームユーザー」の資金の出し入れや遊び場になるイメージがぬぐい切れません。

後発でこのブームに乗りADAコインを保有するユーザーには少々ギャンブル性の強い時期になりかねないと感じています。

時価総額5位という肩書がどれだけの安定感の演出に繋がるかと、それにプラスでカルダノがいかにユーザーの期待を創作する動きが取れるかが(認知やファンの獲得も含めての努力です)カギになるかと思います。

(現実利確して手放しはじめるユーザーも出てきていますからね)

仮想通貨ADAコイン祭りはこのまま継続するか?

継続は正直にないのかなと思っています。

個人的にはあるとすれば新しいエネルギー(期待感や発表)が市場に再び注がれた時に第2波があるかもな、程度の見解です。

跳ねる力と継続力は別物だと感じています。

今はむしろここで得た利益を他コインに入れる投資家も多く、残る人間・移る人間その模様は様々です。

仮想通貨ADAコインの懸念点・まとめ

1番のところは継続力です。

ICO割れ

価格が跳ねたという魅力的な事実に地力がどこまで伴うかという意味合いです。

BITが200万円を記録した後に60万円台付近まで落ち込んだり、ETHが17万円台から4万円台まで振れ幅があったと言えど、ADAコインとはやはり別物。

地力がつくコイン・明確にユーザーに愛されるコイン、厳密にいえば投資・投機的な目的の保有ユーザー以外のユーザにも適切なアプローチが出来るコンテンツを提示できるコイン(これが最終的に投資ユーザーへのアピールにも繋がりますからね)が生き残れる時代に入りつつあると思います。

果たしてADAコインの本当のところの価格帯は一体どれくらいなのか。

私個人からすると昨今のADAコインの暴落は暴落ではなくただ適正な価格に戻っているだけと思っているので、まだ多少の値下がりくらいは普通にあるつもりで静観しています。

仮想通貨元年を迎え、さらに成長への真価が問われる本年の仮想通貨業界。

ADAコインに限らず今後とも注目です。

【関連記事】

仮想通貨mine(マイン)とは何か?特徴や購入方法と将来性について解説!ラファエルが紹介後の上場する可能性は?

Chattiness shopでの購入方法を分かりやすく解説!商品を格安で購入するには?

仮想通貨銘柄一覧

WITH COIN(ウィズコイン)の概要と将来性について(ADAコインに匹敵する!?)

ICO割れ
このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨最新情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

あなたにおすすめの仮想通貨記事