bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3

2018年は仮想通貨界にとって激動の1年でした。

世界では仮想通貨全体の価格の暴落やハッキング、日本でも取引所から多額の不正送金された事件など、あまり明るい話題が目立たない1年でした。

投資家にとっては厳しい1年となった2018年ですが、世界の専門家はどのように見ていたのでしょうか。

また、今後や2019年の予想をどのように立てているのか見ていきましょう。

bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

モルガン・クリーク・デジタル創業者のアンソニー・ポンプリアーノ氏

アンソニー・ポンプリアーノ

出典:Link

アメリカの仮想通貨ヘッジファンド「モルガン・クリーク・デジタル」の創業者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏。

自身のTwitterで「今後10年間で仮想通貨資産がS&P500を上回る方に100万ドルを賭けても良い」という、仮想通貨への自信と強気な姿勢を見せています。

仮想通貨に自信を持っている彼は2018年の市場をどのように見ていたのでしょうか。

また今後の予想とは。

2018年の仮想通貨界を振り返り

仮想通貨に対して強気なポンプリアーノ氏は、2018年を次のように振り返っています。

2018年は仮想通貨の発展にとって重要な年だった。

市場はより「しらふ」になり「観光客」は一掃された。

これで起業家は本質的なプロダクトとサービスの開発に集中できるようになった。

今年なされた仕事は今から2~3年後に成果になっていくだろう。

観光客が一掃されたと、ブームに乗っかりにきたであろう参入者が撤退した年だと見ています。

それが起業家にとって開発に集中できる環境になったとも語っており、価格は下がってしまったものの仮想通貨業界にとっては前向きな環境が整ったという見方をしています。

これが功を奏して2〜3年で成果になっていくとのことで、長期的な視点で投資をしている人には明るい兆しが期待できそうです。

2019年予想:仮想通貨界注目ポイント

注目しているポイントや2019年の予想を次のように語っています。

2019年後半まで弱気相場が続くとすれば、飽きずに気を引き締めていくことが大事だ。

また、仮想通貨業界の「大企業化・金融化」が続き、株式・債権・通貨・商品がデジタル化されていくだろう。

2019年も弱気相場が続く可能性も見据えているようです。

しかし、仮想通貨界に大企業が参入してくることや金融商品がデジタル化していく年になるという見方も示しています。

ポンプリアーノ氏は2019年のおすすめ通貨としてビットコインをあげています。

ビットコインに注力している。

一番安全な取引決済レイヤーだからだ。

レイヤー2とレイヤー3の開発と相まって、今後より多くのデジタル資産(株式、債券、通貨、商品)がビットコイン・ネットワーク上で取引されることが想定される。

今後の金融資産のデジタル化が進むにはビットコインが鍵を握るという見方を示しています。

ビットコインネットワークがどこまで広がりを見せることができるかで、ビットコインをはじめとする仮想通貨全体の価格の底上げになるか注目を集めそうです。

Bitcoin.com代表・ロジャー・バー氏

ロジャー・バー

出典:ToshiTimes

「ビットコインの伝道師」と言われ、仮想通貨投資に関わったことがある人なら一度は耳にしたことがあるというくらい仮想通貨界では有名な人物です。

そんなビットコインの伝道師は、2018年の仮想通貨界の動きをどのように見ていたのでしょうか。

また、2019年や今後の予想をどのように立てているのでしょうか。

2018年の仮想通貨界を振り返り

ロジャー・バー氏は2018年の仮想通貨界を振り返り次のような見解を示しました。

2018年はアルトコインの年だった。

BTCのブロック(サイズ)が2017年末に限界にきたからだ。

2018年はビットコインにとっては厳しい1年になったと見ているようです。

日本でビットコインの価格が200万円前後の時期は、送金が詰まってしまい、送金遅延が問題になっていました。

また、ビットコインの価格があがるにつれて送金手数料も高騰し、送金のスピードと手数料安さが売りだったビットコインの弱点が浮き彫りになる形に。

ビットコインは本来の長所を活かすことができなかった2018年となりました。

2019年の注目ポイント

ロジャー・バー氏は2019年に注目をしているポイントについて次のことをあげています。

(仮想通貨やビットコインは)使いやすくなければ普及しない。

2019年は商用シーンで活用されるコインが注目されていくだろう。

ビットコインへの名言は避け、商用シーンで活用されるような通貨に注目をしているようです。

ビットコインへの言及が欲しいところでしたが、ロジャー・バー氏も注目する送金や決済型の通貨に注目が集まりそうです。

コインプラグCOOのリチャード・ユン氏

コインプラグ

出典:Coinplug

韓国では有名なビットコイン企業である「コインプラグ」のCOOを務めるリチャード・ユン氏。

韓国といえば仮想通貨に関心の高い国として知られていますが、そんな韓国で有名な仮想通貨企業のCOOを務めるユン氏は、韓国や世界の仮想通貨界をどのように見ていたのでしょうか。

2018年の仮想通貨界を振り返り

リチャード・ユン氏は2018年を次のように振り返っています。

2018年はプロジェクトの選別、規制、そして認知が進んだ一年だった。

同時に世界中の人がICOとはなにか、各プロジェクトをどう評価するかを学んだ年になった。

一方で、実際の普及と商業化というところまではいかなかった。

また、残念だったのが技術を理解せず作られた規制だが、これは2019年に解決されていくものと見ている。

仮想通貨とブロックチェーンはこの「幻滅期」をよく耐えており、2019年には明るくなっていくと思う。

2018年はICOが盛んに行われていましたが、その中でもICO詐欺という言葉も話題となりました。

これによって、ICOのことやプロジェクトについて学ぶ年になったと見ています。

また、とりあえずという流れで作られた規制が、2019年には実を結ぶとの見解を示しています。

2019年予想:仮想通貨界注目ポイント

2019年に注目をしているポイントを次のようにあげています。

カストディ、STO、トークン化、G20だ。

これら4つ以外だと、イーサリアム2.0がブロックチェーン全般を大きく発展させると思うので期待している。

セキュリティ面やG20が仮想通貨にどのような影響があるのかに注目しており、イーサリアムにも注目をしているようです。

2019年おすすめの仮想通貨について次のように明かしています。

仮想通貨情報サイト「コインマーケットキャップ」によると、現在2067の仮想通貨がある。

これから6カ月後の間に多くの仮想通貨がなくなっていくだろう。

だから注目すべきなのは6カ月後に生き残っており実際のプロダクトをもっているプロジェクトだ。

特にID(身分証明)関連のプロジェクトで独自のメインネットを立ち上げているものに注目すべきだ。

個人的にはMetadiumというプロジェクトのビジョンと人々に届けようとしているサービスに興味をもっている。

Metadiumに興味を示しつつ、現在の仮想通貨の多くはなくなってしまうと見ています。

また、ここから6ヶ月後も残っているものが本当に力のあるものだとして、どの通貨が生き残っていくかに注目をしましょう。

「金色財経」共同創業者・アン・シンシン氏

アン・シンシン

出典:株式会社Block Co+

中国最大の仮想通貨メディアの金色財経。

その創業者であるシンシン氏ですが、規制が強化され世界各国や仮想通貨の価格に影響を与えたと言われている中国でどのような反応があったのか、中国最大の仮想通貨メディアはどのように業界を見ていたのでしょうか。

2018年の仮想通貨界を振り返り

シンシン氏は2018年の仮想通貨界を次のように振り返っています。

2018年はブロックチェーンにとって「量的な変化」があった年だった。

技術、応用、人材、社会的な認知、デジタル通貨の種類、パブリックチェーンの数、流入してくる資本、メディア等の関連サービス企業等、どれをとっても大幅に増加した。

ブロックチェーンが世間に知られるようになり、ブロックチェーンについて学ぼうとする人が増えた。

多くの人が参入しイノベーションが起きやすくなり、発展の方向性も多様になった。結果的にブロックチェーンが今後発展していく上で基礎が固められたといえる。

残念なのは仮想通貨・ブロックチェーン業界がまだはじまったばかりでルールが形成されておらず詐欺のツールとして使われたことだ。

これは仮想通貨業界の正常な発展を妨げ、資金が逃げていくことにつながった。

おかげでこの業界における起業家たちも自信を失ってしまっている。

私個人は仮想通貨メディア「金色財経」を経営する過程で仮想通貨業界の発展を第一線で目撃できた。

メディアは業界の中で常に最前線に立っているわけで、私もこの業界全体の浮き沈みに対して身を持って感じている。

と語りました。

価格面では大きな下落となりましたが、技術面や認知度でいえば大きな前進をしたと見ています。

また、仮想通貨業界を第一線で見てきたことで、起業家たちの浮き沈みを目の当たりにしたとのことで、厳しい現実もあったようです。

2019年予想:仮想通貨界注目ポイント

厳しい2018年と感じたシンシン氏が注目する2019年のポイントは次の通りです。

2019年はパブリックチェーンの中でも主要プレーヤーが決まる年になるだろう。

また、DAppsが来ると思う。

この二つは繋がっており、お互いに欠かせない要素だ。

2018年はパブリックチェーンが爆発的に増えオンチェーンのアプリの基礎もできた。

今後より多くのアプリがオンチェーンに来ればパブリックチェーン技術が改善されていくだろう。

需要が高まればソリューションもでてくるというわけだ。

だから2019年はよりしっかりとした使いやすいパブリックチェーンが生まれ、これに伴い様々な分散型アプリが出てくるだろう。期待したい。

今後は分散型アプリDAppsに注目をしている様子のシンシン氏。

様々なDAppsが出てくることで市場の活性化や価格上昇に期待をしています。

今後、どのようなDAppsが出てくるのか、それがどこまで浸透していくかDAppsの動きに注目です。

2019年おすすめの通貨については次のように述べています。

イーサリアム(ETH)、EOS、HT(フォビが発行する取引所トークン)に注目している。

プラットフォーム系の通貨や取引所トークンに注目していることがわかります。

取引手数料が安くなるなどのメリットがある取引所トークン。

業界全体の取引量が増えていくにつれて、どの取引所トークンが台頭してくるのかにも注目です。

「BlockVC」CEO・ケヴィン・シュー氏

BlockVC

出典:Cryptodiffer

中国の仮想通貨特化型ファンドである「BlockVC」。

そのCEOを務めているケヴィン・シュー氏ですが、規制などで揺れた中国での仮想通貨特化ファンドの経営最高責任者から見た仮想通貨界はどのようなものだったのでしょうか。

また、ファンド目線での今後の仮想通貨界の展望とは。

2018年の仮想通貨界を振り返り

ケヴィン・シュー氏は2018年の仮想通貨界を次のように振り返っています。

2018年は巨大な仮想通貨バブル崩壊に続きものごとが正常化していく一年だった。

一番大きなマイルストーンはビットコインが誕生して10周年を迎えたことで、非中央集権的な経済システムは可能だということを証明できたといえるだろう。

また、ブロックチェーン技術が発展をつづけ、その影響力が世界中に広まったことも重要だった。

仮想通貨バブルの崩壊を感じたものの、正常化に近づいた一年と評価をしています。

また、ビットコイン誕生10周年が非中央集権型のシステムの存続証明になるという考えを示しています。

2019年予想:仮想通貨界注目ポイント

ケヴィン・シュー氏が注目している2019年のポイントは次の通りです。

仮想通貨価格は低迷したままだと見る。

弱気市場では技術力がある企業があぶりだされる。

ユーザーに普及する仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトは生き残るだろう。

弱気相場が継続していることで、しっかりとした技術力のあるブロジェクトが頭角を表すと見ています。

また、ユーザーに普及しやすい仮想通貨が生き残っていくという考えを示しています。

「SoarEx」CEO・セス・リム氏

セス・リム

出典:TEAMZ Inc.

東南アジアの仮想通貨取引プラットフォームである「SoarEx」。

CEOのリム氏は東南アジアから、2018年の仮想通貨界をどのように振り返り、今後の展望を見据えているのでしょうか。

2018年の仮想通貨界を振り返り

リム氏は2018年の仮想通貨界を振り返り次のように語っています。

2018年は、仮想通貨規制の枠組みが決まり実施されていった年だった。

沢山の国が規制をつくり実証試験を行う「サンドボックス」等の制度を実施しようとしているのは仮想通貨が普及する上で不可欠であり、良い動きだ。

今年残念だったことはビットコインキャッシュ関連で、ABC陣営とSV陣営の間で「内戦」が起きてしまったことだ。

これが原因でコミュニティに亀裂が入り、一般投資家は狼狽売りに走った。

また2018年初頭にICOで資金調達したプロジェクトは運営資金を確保するため手にしたETH(イーサリアム)をしぶしぶ売り払うことになったのも残念なことの一つだ。

規制が進んだことは良い動きとしながらも、ビットコインキャッシュの分裂騒動やICOで資金調達をしたプロジェクトのイーサリアムを売り払う動きは残念な動きという考えを示しています。

ハードフォークで通貨の分裂が起きることはありますが、陣営内の分裂・内戦は投資家にとっても悪材料となってしまいました。

2019年予想:仮想通貨界注目ポイント

リム氏が注目する2019年のポイントは次の通りです。

2019年は、ブロックチェーンを通して資産の取引が24時間できるようになるとの触れ込みでSTO(証券トークンオファリング)が話題になるだろう。

さらに、規制が実施されていくにつれ、上場企業によるトークン発行も増えるだろう。

また、ブロックチェーン関連のサイバーセキュリティ監査会社へのニーズが増えるだろう。

2018年はICOが話題になりましたが、2019年はSTOが話題になると注目しています。

また、ハッキングなどのセキュリティ面の不安が払拭できていないため、セキュリティに関する会社へのニーズが高まると見ています。

セキュリティ面の不安が少しでも和らぐことで、投資家の参入も増え、市場に活気が戻ってくるか注目です。

また、おすすめ通貨として次の2つの通貨を掲げています。

リップル(XRP)はSWIFTの代替となる可能性がある。

ただそのためにはより多くの金融機関や流動性プロバイダーがRippleNetに参加していく必要がある。

SWIFTは現在1万1000社の金融機関が使っており、RippleNetより10倍大きい。

モネロ (XMR)ビットコインやライトコイン等の主要仮想通貨の採掘難易度が上昇するにつれ、採掘しやすいモネロへの注目が上がるだろう。

匿名性も高く、オンラインカジノ等が採用に動くとみている。

リップルは銀行間のやり取りに活用されると見ており、モネロはマイニングのやりやすさや、オンラインカジノへの普及を期待しています。

匿名性の仮想通貨は、コインチェックなどで取り扱われていましたが、現在は取り扱いがされていないため、日本人には馴染みが薄いものになる可能性も。

日本だけではなく、世界的な視野で通貨の変動に注目が必要となります。

まとめ

今回は韓国や中国、東南アジアなどアジアを中心に海外の人物の意見を取り上げました。

注目している点はセキュリティ面やSTOに注目が集まっています。

価格の問題よりも、技術的に進んでいるという見方が多かったように思えます。

技術がより進歩をして、どのような形で生活の中に浸透してくるのか。

また、どんなプロジェクトが生き残って、どの通貨が姿を消していくのか。

2019年は生き残る通貨と生き残れない通貨の差がハッキリと出てしまう年になりそうですね。

仮想通貨を持っている人も持っていない人も、どの通貨が生き残っていくかには注目をしていきましょう。

参考文献: Cointelegraph

2019年の仮想通貨注目ポイント関連記事

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事