bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

SWIFTがR3社の「Corda Settler」を統合

国際銀行間金融通信協会(SWIFT)のCEOであるGottfried Leibbrandt氏が、新たな決済システムGPI(グローバル・ペイメント・イノベーション)に、アメリカのブロックチェーンフィンテック企業R3の「Corda Settler」を統合することを発表しました。

SWIFTは1973年に設立され、世界200ヶ国で11,000の金融機関と提携。

本部はベルギーにあり、金融機関同士のあらゆる通信にクラウドサービスを提供している非上場の株式会社。

世界的な規模を凝っていますが、送金スピードが遅いことやコストが高いこと、2016年に起きた8100万ドルの被害がでた不正送金事件などでSWIFTは度々批判されています。

そんなSWIFTに代わってリップルやステラ、JPモルガンのIINやアリババのアリペイなどブロックチェーン企業がライバルとして台頭。

国際送金市場の競争は激しさ真っ只中となっています。

今回のR3社との統合で、GPIは銀行間の国際送金や決済のスピードを上げるほか、リアルタイムで取引を追跡できる技術になるといいます。

その一方で、SWIFTはGPIでより透明性の向上や取引スピードアップを目指していますが、ブロックチェーンではなく、既存のインフラやクラウド技術に主に依存していると言われており、今後の技術の発展に注目が集まります。

SWIFTとRippleが隣り合わせで激突!?

Paris Fintech Forum

出典:Paris Fintech Forum

発表のあったフォーラムで、SWIFTのLeibbrandt氏と、ライバル関係にあるRipple社CEOのBrad Garlinghouse氏。

運命のイタズラなのかライバル関係にある2社のCEOが隣同士になることに。

Garlinghouse氏は「分散型のシステムが今後勝利をおさめるだろう」、「今日のSWIFTはそれを採用していない」とSWIFTの中央集権的な決済システムの弱さを指摘。

Leibbrandt氏は「銀行が仮想通貨に手を出しにくい理由は、仮想通貨のボラティリティ(変動幅)にある」と発言。

これに対してGarlinghouse氏は「誤った情報だ」と一蹴する場面も。

ライバル関係にあるSWIFTとRippleの両CEOの激突が見られる形に。

今後について「SWIFTと協調する可能性を模索すること」という発言がありましたが、近い将来の提携などについて具体的な方針は発表されませんでした。

より詳しく対談のことを知りたい人は下記の記事をご覧下さい。

Ripple(XRP)が高騰!?

CoinMarketCap

出典:CoinMarketCap

今回SWIFTのGPIとR3の「Corda Settler」の統合発表でR3の共同創設者は今回のパートナーシップに関する発言の中で、

「SWIFTのGPIはCorda Settlerを直接統合し、Corda上での決済のオブリゲーションを成長する膨大なGPIネットワークで決済可能となる」

と発言。

これを受けてリップル(XRP)が直近5日の下落前水準まで値を戻す高騰を見せました。

R3の「Corda Settler」には、決済手段としてリップルが採用されており、間接的にSWIFTにリップルが関与してくるのではと期待感が上昇。

リップルの価格上昇の大きな要因となりました。

国際送金については世界的にも注目を集めており、次世代の送金技術とリップルがどう関わってくるのか、価格面でも技術面でも注目を集めそうです。

リップルの価格上昇については他にも原因がある為、下記の記事をご覧下さい。

【参考文献】

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事