bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3

先日、ツイッター上に仮想通貨スピンドルについて以下のようなツイートを発見しました。

bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

スピンドル(SPINDLE)に対して被害者の会が結成!?

仮想通貨スピンドル、被害者の会

出典:スピンドル被害者の会

なんと、ICOのプレセールで約30円弱で販売され、取引所に上場後にわずか数時間で10分の1までICO割れを起こし、その後も価格は回復せず、以前として価格の大暴落をしているスピンドルに対し、被害者の会が発足されました。

被害者の会では、スピンドルの経営母体である株式会社BLACKSTAR&COのメンバーに対し、海外で法的措置を講じる準備を進めているとのことです。

ホームページを見る限り、スピンドル関係者の名前はあるものの、詳細情報が書かれていない為、今後追記されていくのではないでしょうか。

もちろん、かの有名な広告塔GACTO氏の名前も確認することができました。

補足ですが、GACTO氏の本名は「大城ガクト」です。

スピンドル

出典:スピンドル被害者の会

スピンドル(SPINDLE)の経営母体の現在

スピンドルと言えばGACTO、の様なイメージが強いですが、ガクト氏はあくまでも広告塔であって、スピンドルの開発には全く関与していません。

スピンドルとガクト氏の関係性については下記の記事で詳しく説明していますからご覧下さい。

そして、スピンドルの経営母体である株式会社BLACKSTAR&COは現在、イギリスにいる模様です。

株式会社BLACKSTAR&COにはイギリスにもう一つ会社があり、名称は「BLACK STAR CAPITAL LTD.」で活動しています。

BLACKSTAR

出典:BLACKSTAR

ホームページにはBLACK STAR CAPITAL LTD.の代表者は、「葛西廣久」氏の名前が記載されていますが、2018年12月28日に発足された最新のスピンドルプレスリリースには、代表者が「平井政光」氏になっていることから、代表者は変わっている模様です。

SPINDLE

出典:プレスリリース

また、BLACK STAR CAPITAL LTD.の本店所在地はイギリスにある「40 Gracechurch Street, London U.K. EC3V 0BT」です。

スピンドル

出典:GoogleMAP

被害者の会では、海外の法的措置を取るとしていますが、仮にロンドンで裁判をするとなるとかなりの高額な費用がかかります。

これも知ってるかどうかは分かりませんが、現在スピンドルの経営母体であるBLACK STAR CAPITAL LTD.は海外にいるのは確かなようです。

某俳優がスピンドルを巡ってGACKTに激怒!?

ところで、スピンドル全体のことを言えば、経営母体である株式会社BLACKSTARにのみ目を向けられているのかというと、そうではない。

スピンドルのガクト氏にも、芸能界のきつい目が向けられている様です。

スピンドルを購入した被害者の中には、芸能人も含まれており、ある俳優 X もスピンドルを購入して数百万円の損害を出しているとのこと。

以下、その全文です。

「全国でスピンドル被害者の告発が相次ぎ、昨秋から全国の警察が合同で捜査を進めています。立件までには時間がかかりそうですが、警察の動き方を見ていると、本気ですね。GACKTにメスが入るかは微妙ですが、ニュースになればイメージダウンは避けられません」(社会部記者)

“被害者“の中には、芸能人も含まれているそうで、ある俳優Xもスピンドルで数百万円の損害を出したという。テレビ関係者は「Xは『GACKTはまるで詐欺師。許せない!』と憤り、マスコミ各社に情報提供している。事件が弾けたら真っ先に取材に応じるつもりのようです」

引用:芸能ニュース【日本:TOCANA】

2月4日に人気TV番組日本テレビ系「しゃべくり007」では、女性の好みや性癖を赤裸々告白したそうだが、テレビで女性の話をしている場合ではなさそうですね。

まだスピンドルコインを保有しているなら

今回発表されたスピンドルの被害者の会が本当に告訴するとなると、スピンドルの価値は確実に下がるでしょう。

せっかく大金を費やして購入したスピンドルも価値が向上しなければ何も意味がありません。

現在、ICO割れコインを救済するべく、ベルコインが開発、そしてICOをしています。

取引所トークンであるベルコインには、ロードマップ及びホワイトペーパーもしっかりとありますから、興味があれば下記の記事を見てみて下さいね。

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事