アメリカ仮想通貨取引所のクラーケンがヨーロッパ進出

アメリカのカリフォルニア州のサンフランシスコに本拠を置く大手仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)が2月4日、イギリスで仮想通貨交換業と先物取引を展開しているクリプト・ファシリティーズ(Crypto Facilities)を買収したことがクラーケンの公式ブログより明らかとなりました。

今回の報道により、大手仮想通貨取引所であるクラーケンが、正式にヨーロッパ進出を果たしたことになります。

公式ブログには9桁という発表がされていますが、1億ドル(約110億円)を超えると一部では想定されています。

そして、今回の買収金額は2019年における仮想通貨業界の最多額の買収金額です。

欧州初となる仮想通貨先物取引を開始

今回、先物取引を展開しているクリプト・ファシリティーズを買収発表をした数時間後に、クラーケンのTwitterでは欧州初となる「仮想通貨先物取引」を開始することを発表しています。

日本語訳

Krakenは4憶ドルの評価で資金調達を完了し、100人の開発者と共に成長し、顧客に優しいブランドを明かし、クリプト・ファシリティーズの仕組みを使用して、先物取引を開始します。

そして、先物取引として開始される主要銘柄5つは以下の5銘柄です。

各銘柄のレバレッジ率などについては下記の表をご覧下さい。

尚、XRPについては、ドル建て、BTC建ての両方が存在しますが、最大レバレッジは25倍にまで設定されています。(詳しくはこちら

通貨ペア レバレッジ率
BTC/USD 50倍
ETHUSD 50倍
LTCUSD 50倍
BCHUSD 50倍
XRPUSD 25倍
XRPBTC 25倍

クラーケンの買収をアナリストが言及

クリプト・ファシリティーズを買収したことで、先物取引を開始することになった大手仮想通貨取引所クラーケンですが、今回の買収で「現物取引及び先物取引」両方を取り扱う仮想通貨取引所になりました。

このことについて仮想通貨アナリストであるJoseph Young氏は、Twitterで次のことをツイートしました。

日本語訳

KrakenがCrypto Facilitiesを1億ドル以上で買収したことで、同社はヨーロッパの投資家にBitcoin先物およびインデックス商品を提供できるようになります。

2019年最大の取引、ヨーロッパの暗号化市場に大規模。

・価格=弱気相場
・インフラ構築=強気相場

また、クラーケンの創設者であるJesse Powell(ジェシー・パウエル)氏は、欧州で提供される初の仮想通貨先物商品が他の仮想通貨取引所から差別化を図るのに有益だとして、次の様に語っています。

Jesse Powell氏

これらの業界をリードする先物商品やインデックス商品に適格なクライアントを紹介できることを嬉しく思います。

今後数カ月間、私たちのチームはこれらの製品を強化し拡大していきます。

2019年には、トレーダーや機関投資家向けの優れた商品を販売していることでしょう。

 

クラーケンは、買収によって「仮想通貨のスポットと先物取引における世界的なリーダー」ができると発表しており、アメリカのクラーケンとイギリスのクリプト・ファシリティーズが手を組んだことで、世界にどのような影響を与えていくのかに注目が集まっています。

今後、仮想通貨界で、今回のような国をまたいでの買収は増えてくるかもしれませんが、これが相場や仮想通貨の普及にどのような影響を与えていくのか。

クラーケンの今後の展開が、世界の各企業に与える影響は大きなものになったことは確かです。

企業の動きや仮想通貨の世界的な普及と価格への反映に注目していきましょう。

【参考文献】

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事