bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)
bellcoin_banner600-500_2 (1)

ブロックチェーンを干ばつ問題に活用

出典:Cision

アメリカのカリフォルニア州で、ブロックチェーンとIoT(Internet of Things)を活用し干ばつと戦うためのプロジェクトを大手コンピューター関連企業のIBMらが共同で進めています。

2月8日に発表されたプレスリリースで公開され、IBMリサーチとセンサー技術を提供するスイートセンス(SweetSense)が、非営利団体の「The Freshwater Trust(TFT)」およびコロラド大学ボルダー校と提携することになりました。

目標として掲げていることは、ブロックチェーンとIoTの技術を活用することで、カリフォルニア北部のサクラメント=サン・ジョアキン・デルタ内の地下水利用を持続的に管理すること。

このエリアは「北米最大で最も危険な状態の帯水層の1つ」と言われており、持続的な地下水管理が求められています。

ブロックチェーンとIoTをどのように活かすのか

今回発表されたプレスリリースによると、IBMの共同プロジェクトではIoTセンサーを使用して地下水の取水データを周回軌道衛星に送信する予定とのこと。

さらに、IoTセンサーと周回軌道衛星は地下水のデータ計測と同時に、降雨量と天候の相関性のデータ取得にも活用される予定です。

また、地上と地下の環境のデータ取得にIoTセンサーが活用されるとのこと。

そして、取得された水抽出データを、スマートコントラクト技術を採用した、クラウド上のIBMブロックチェーンプラットフォームに記録。

IoTでデータ取得をし、ブロックチェーンでデータの記録を行う流れに。

ブロックチェーンに記録されたデータは、Webベースのダッシュボードを通じて農家を含む水の消費者や、この地域を管理する財務担当者と規制当局がすべて地下水の利用を監視および追跡することが可能となります。

下記の動画は、IBMが公表している干ばつ問題をどうやって克服するかどうかを示した動画ですのでご覧下さい。(時間:1分50秒)

ブロックチェーンの具体的な活用法

これらの技術を活用することで、地下水を必要とする個々のユーザーは、市場で規制された料金で、供給を必要としないユーザーから地下水を購入することが可能に。

具体的な活用方法として、次の例があります。

例1:イチゴ農家

イチゴ農家が、次の収穫で有機農作物の準備をするためにシーズンオフに入ります。

この時農家は、ブロックチェーン上の自分の水のクレジットを他の農家に売買することが可能。

例2:ワイナリー生産者

乾季にワイナリーは、ヴィンテージを失うことを避けるために追加の地下水が必要になります。

この時ワイン生産者は、環境に悪影響を与えることなく、追加の水資源を購入することができるようになります。

この先、どのように生活の中に浸透していくかはまだ予測レベルですが、ブロックチェーンの技術が環境問題の解決に使用するという大きな一歩となりました。

仮想通貨やブロックチェーンは「通貨」の印象が強いですが、環境問題をはじめとして、生活の中の問題解決にさらなる活用が期待されます。

今後、どのような問題解決にブロックチェーンの技術が活用されていくのか、通貨以外の活用法にも注目です。

【参考文献】

bellcoin_banner600-500_2 (1)
bellcoin_banner600-500_3
bellcoin_banner600-500_1 (1)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事