かつてビットコインゴールド(BTG)は国内取引所であるコインチェックビットフライヤーに上場すると公表されていたことから、知っている人もいるでしょう。

しかし、現状ビットコインゴールドを取り扱っている国内取引所はありません。

理由は、金融庁が関係しているとも噂されています。

また、ビットコインゴールドは2018年5月に51%攻撃を受け、多額BTGが仮想通貨取引所から不正に引き出されたこともあります。

本記事では、ビットコインゴールドの特徴も踏まえて、国内取引所に上場しなかった理由や51%攻撃に関することを徹底的に紹介しますから、ぜひ最後まで読んで下さいね。

ビットコインゴールド(BTG)の概要

仮想通貨名 Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)
トークン名 BTG
公開月 2017年5月
開発組織 LightningASIC
発行上限 17,479,774 BTG
発行枚数 17,379,774 BTG
アルゴリズム Equihash
承認アルゴリズム PoW
中央機関 -
公式HP Bitcoin Goldの公式サイト
公式ホワイトペーパー Bitcoin Goldのホワイトペーパー
公式Twitter @bitcoingold
公式Facebook @bitcoingoldofficial
公式github BTCGPU
TelegramID Bitcoin Gold Global
YouTube Bitcoin Gold Official

ビットコインゴールド(BTG)とは/目的

Bitcoin Gold rogo png

ビットコインゴールドは、ビットコインと名前についているように、2017年5月にビットコインからハードフォークをして誕生したアルトコインです。

ビットコインゴールドは、ビットコインのマイニングで問題となっていた大企業によるマイニングの独占を、誰もが簡単にマイニングを出来るように開発された仮想通貨です。

ですから、ビットコインゴールドからビットコインされた理由は開発陣の対立が原因ではありません。

ビットコインの名前は付いていますが、ビットコインではなく、アルトコインに属します。

ビットコインゴールド(BTG)の特徴

ビットコインゴールドの最大の特徴にマイニング方法がビットコインとは違っていることです。

ビットコインのアルゴリズムにはSHA256が採用されていますが、ビットコインゴールドにEquihashというアルゴリズムが採用されています。

ビットコインゴールドはアルゴリズムを変更したことにより、ビットコインのマイニングに使われているASICというマイニングをする機械が使えなくなった代わりに、PCのGPUでマイニングが行えるようになりました。

つまり、ビットコインゴールドはマイニングを行いやすくするために誕生したと考えて良いでしょう。

マイニングがビットコインよりも行いやすくなった為、マイニング初心者も参加しやすくなったと言えますね。

そして、ビットコインゴールドはマイニングの独占を避けるために、ブロックごとに難易度を変更することができるのも特徴です。

ビットコインのマイニングの問題に競争が激しくなりすぎて計算式が複雑になり、個人では太刀打ちできなくなった現状があります。

ですから、ビットコインゴールドがビットコインの問題点を改善することで、多くの人がマイニングできます。

ビットコインゴールド(BTG)への51%攻撃事件の詳細

2018年5月15日、ビットコインゴールドが51%(※1)事件の標的になり、仮想通貨取引所から約1750万ドル(約20億円)ものビットコインゴールドが盗み出されました。

また、ハッカーはビットコインゴールドへの51%攻撃だけでなく2重支払い(※2)を組み合わせて仮想通貨取引所から不正に資金を引き出しました。

※1.51%攻撃とは?

51%攻撃とはネットワークの処理能力を50%以上を掌握することで、本来は認められない取引が認められてしまうことや、逆に正しい取引が無効化されます。

マイニングによる報酬も攻撃者が独占できます。

※2.2重支払い

2重支払いとは同じトランザクションから続けて支払いを行うことをいいます。

同じコインを別のウォレットに送れたりします。

ハッカーは51%攻撃と2重支払いを組み合わせて数日間に渡って繰り返し行ない、計1750万ドル以上のビットコインゴールドを不正に引き出しました。

ビットコインゴールドの開発者はハッカーが取引を22ブロック分を巻き戻している為、確認に必要なブロックの数を50以上にするようにと助言しています。

ビットコインゴールドに51%攻撃を仕掛けたハッカーは未だに逮捕されていません。

そして、ハッカーは仮想通貨取引所を常に狙われています。

日本では、コインチェックNEM流出事件やZAIFのハッキング事件が有名でしょう。

ですから、大切な資金を失わない為にもハードウェアウォレット等へ資産を大切に保管をしましょう。

ビットコインゴールド(BTG)が日本の仮想通貨取引所へ付与されなかった真相

当初コインチェックビットフライヤーは、ビットコインから分裂したビットコインゴールドの付与に対して問題がなければ、付与をすると発表をしていました。

両取引所も付与に対して前向きな姿勢でしたが、結局両取引所からビットコインゴールドの付与はされませんでした。

問題があったので付与されなかった事になりますが、技術的な問題がまず浮かびますが、ビットコインゴールドもあくまで、データなので上場させる事は可能なはずです。

しかし、ビットコインゴールドが付与されなかった本当の原因は、金融庁が関係しているとされています。

ハードフォークをした仮想通貨が取引所に上場する為には金融庁の認可が必要なのですが、ビットコインゴールドへの認可はでなかったようです。

ですから、日本の仮想通貨取引所にはビットコインゴールドが上場していません。

ビットコインゴールドを手に入れる為には、海外取引所を活用する必要があります。

海外取引所ではバイナンスなどで購入できますから、ビットコインゴールドが欲しい場合には、バイナンスを利用しましょう。

ビットコインゴールド(BTG)の今後の将来性について

ビットコインゴールドは、ビットコインから分裂しているので付与されていない取引所もありますが、ビットコインと同様の取引所へ上場をしています。

ですから、最初からビットコインゴールドを保有している人が多いということは、それほど流動性が高いということになります。

結果的に、ビットコインゴールドは時価総額ランキングでも上位に位置していますね。

また、ビットコインゴールドはビットコインよりもトランザクションの処理能力が優れています。

ビットコインの問題点として流動性が高く取引が活発になっていくと、スケーラビリティ問題が起こる可能性があります。

そして、トランザクションの処理が追いつかなくなり、承認されるのに時間がかかってしまう恐れもあります。

仮想通貨全体の特徴は、処理能力の速さである為、ビットコインのトランザクションに関する問題は深刻と言えるでしょう。

ですが、一方で専門家の間ではビットコインゴールドの価格が上昇する可能性は低いとの意見もあります。

ですから、ビットコインゴールドを保有する場合には、様々な情報を仕入れる必要がありそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
仮想通貨 バナー

LINE@に登録して㊙の仮想通貨情報を手に入れよう!

仮想通貨トリビアでは、明日使える無駄知識的な仮想通貨情報を発信中!

近年、大手メディアは主要銘柄に関する情報しか発信してません。

しかし、仮想通貨トリビアではアルトコイン独自情報も満載で発信しています。

登録無料ですから今すぐ登録しましょう⇩

※購入を進めるような投稿は一切致しません。

チャッティネス
ICO割れ
仮想通貨 美人

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事