バイナンスCEO:CZ氏がアマゾンの仮想通貨発行・採用を予想

世界最大の仮想通貨取引所として知られる、バイナンスのChangpeng Zhao CEO(以下 CZ氏)は2月2日、自身のツイッター上で、

「アメリカのアマゾン社が今後、仮想通貨を発行するだろう」と独自の予想を展開しました。

日本語訳
遅かれ速かれ、Amazonは仮想通貨を発行する必要が出てくる。

CZ氏は2月2日、ツイッター上でネットベースのビジネスが仮想通貨決済を受け入れていない現状を指摘するツイートを行った後、

ユーザーと次のような会話をし、アマゾンの仮想通貨発行について言及しました。

CZ氏

インターネット(非物理的)ベースのビジネスで、なぜ仮想通貨決済を 受け入れない・採用しない のかが不思議でなりません。

仮想通貨決済を行えば、従来のペイメントゲートウェイよりも、統合が容易かつ迅速、そして安価です。事務処理だって少なくなる。

法定通貨を信用できない人々も利用できるため、ユーザーの増加にもつながるのではないか。

ユーザー
なぜ受け入れないのかについては、インターネットビジネス大手のアマゾン社CEOである、ジェフ・ベゾス氏に聞いてください。

CZ氏
アマゾンは遅かれ速かれ、仮想通貨を発行する必要が出てくる。

バイナンスCZ氏のアマゾンの仮想通貨導入への期待

CZ氏がアマゾンの仮想通貨発行・採用について言及したのは今回だけではありません。

 

2018年12月8日には、次のような発言をしています。

日本語訳
アマゾンの仮想通貨採用・発行が待ち遠しい。

 

CZ氏は12月8日、ツイッター上で「次の仮想通貨市場高騰につながるきっかけ(トリガー)は何だと思いますか?」という問いかけを行った後、

ユーザーとの会話の中で、アマゾンの仮想通貨採用・発行について言及しました。

CZ氏

次の仮想通貨市場高騰につながるきっかけ(トリガー)は何だと思いますか?

(頻繁にこの質問が飛び交いますが、私は答えがわかりません)

ユーザー
あなた(CZ氏)がすべてのビットコイン(BTC)を購入する時が、次の市場高騰のトリガーとなる。

CZ氏

全てのビットコイン(BTC)を購入することは私にはできない。

ジェフ・ベゾス氏なら可能だ。

アマゾンが仮想通貨を採用する・発行する日が待ち遠しい。

アマゾンの仮想通貨・ブロックチェーンビジネス

CZ氏が話す通り、アマゾンが仮想通貨を発行・採用する日は来るのでしょうか?

2019年2月現在、アマゾンが手掛けている仮想通貨及びブロックチェーンに関連したビジネス をまとめましたのでご覧ください。

AWS(アマゾンウェブサービス)

アマゾンはウェブサービスを通じてブロックチェーンを利用しています。

アマゾンが提供するウェブサービスの1つであるAWSは昨年4月から、イーサリアムとHyperledgerのオープンソースプロジェクトを活用して、

以下のようなブロックチェーンフレームワークを導入しています。

  • AWS Blockchain Templates
  • Amazon Managed Blockchain

仮想通貨関連のドメイン購入・特許取得

アマゾンは仮想通貨関連のドメインを4つ(明らかになっている範囲で)取得しています。

  • amazonethereum.com
  • amazoncryptocurrency.com
  • amazoncryptocurrencies.com
  • amazonbitcoin.com

また、2018年には、アマゾンの傘下企業であるAmazon Technologies,Incが、仮想通貨を含む取引データのリアルタイムでの監視を可能にする特許を取得しています。

 

以上の事から、少なからずアマゾンが仮想通貨・ブロックチェーン関連のビジネスに興味を示していることがわかります。

しかし、CZ氏が予想した通り、アマゾンが仮想通貨を発行・採用するのかどうかは不明瞭であるため、今後の動きに注目です。

【参考文献】

ベルコインなどお得な情報を発信中!

仮想通貨トリビアでは、ベルコインを含むまだ知られていない仮想通貨の情報を随時発信しています。

銘柄や取引所はもちろん、話題になりかけのゲームの情報などが満載!

上場のニュースも届きますから、ぜひ登録して下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

仮想通貨情報をお届けします

Twitterでフォローすると良い事あるかも!

おすすめの関連記事